スポンサーサイト

  • 2018.12.31 Monday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    去勢手術その後の後

    • 2010.11.08 Monday
    • 17:51


    去勢手術その後の後のもるの様子ですキラキラ

    タマタマの腫れも半分くらいにひき

    皮下注射のコブもなくなりました。

    本猫は至って元気で過ごしています。

    術後、大人しくなるにゃんこも居るそうですが

    もるの場合、全く変わらないようです。




    あまりにも噛み噛み攻撃が痛いし、お口もクチャイので
    手袋をはめてます笑顔汗

    永久歯になって威力は和らぐと思っていたら
    そんなことは全くなく、相変わらず痛すぎますダッシュ
    噛み癖も一向に直りません悲しい




    本日もイヤイヤながら仕方なく抗生物質を飲むもる。



    病院の先生が私を脅す。

    「術後はど~~んなに頑張って、エサを減らしたり
     運動させたりしても必ず太ります。諦めてください。
     大人になるまでに今の2倍近い体重になると思ってください。」

    えっ困った汗
    2倍って・・6、2キロになっちゃうの~~困ったダッシュ

    「うちの子、体育会系のわんぱく坊主ですが・・・」

    「無駄無駄笑顔汗寝てるとき以外走り続ける猫でなければ増えます。」

    あ・・そうですか汗
    そこまで仰るんであれば諦めます落ち込み


    でもでもせめて最後の悪あがき。

    今までサイエンスダイエットのキトン 
    インドアキャットをあげていましたが
    更にカロリーの低い物に変更することにしました。

    同じサイエンスダイエット商品ですが・・・



    お魚味だからかなはてなカロリー低い。
    しばらくこれで様子を見てみます笑い

    お願い、もる。
    いつまでもスリムで元気なもるで居てね~~キラキラ

    去勢手術その後

    • 2010.11.07 Sunday
    • 16:36


    昨日、無事に去勢手術から帰って来たもる。

    その後の様子を書き留めたいと思います。

    家に帰って来てからは、何故かあちこちクンクン嗅ぎまわり・・

    (ここは安心な場所なのか確認中?)

    全部の部屋を嗅ぎ回ってからは少し落ち着いたのか

    腰を下ろして傷口近くを舐め始めた。

    だけど、決して傷そのものは舐めないようだ。



    タマタマがないのに在るかのごとく腫れています汗

    もるの様子が落ち着いてきた。。。
    しかし、私がトイレに行く、お風呂掃除に行く、
    洗濯物を片付けに行く為などに移動する度に
    慌てて後を付いて来るもる。

    また、一人置いていかれる事への恐怖感からなのはてな
    それでも傷が気になって舐めたい時は
    歩いてる私の足の上にわざわざ乗って舐め始める。
    これじゃあ動けないですダッシュ それが狙いか。



    先生の仰ったとおりの事実が発覚びっくり
    水分補給のために打った皮下注射。
    左肩に打ったのに、段々ずれてきて・・


    こんな位置まで下がってしまいました汗

    (ここで関係ない話ですが、こうやって見ると
     もるの白×黒はシマ模様入りだと気付かされる。
     ねこきも12月号のバイカラー(白黒)の紹介がありましたが
     ひかりちゃんというお名前のモデルの子も模様入りで親近感ドキドキ小


    ベッドの中に何度入れてあげても直ぐに這い出てきて
    この位置に定着。私の動きを時々薄目で様子見。





    抗生物質が処方されました。
    「猫は甘味を感じない。なのに何故か甘いお薬です。
               完全に飲み切ってください。」らしいです汗


    猫3何か変なもん飲まされたダッシュ





    この後、色んな意味で衝撃が走りますびっくり
    落ち着いてくださいね。。。










    術後、お迎えに行った私に先生が、





    「ところで、これどうしますか。」




    じゃ~~んっびっくり

    ぷかぷかクジラ



    そうなんです。
    これ、もるのタマタマなんですよね~~ドクロ

    ホルマリン漬けです。

    結構気持ち悪いです汗

    「お持ちになってもいいですが、
     必要なければこちらで処分します。
     いやいや何故見せるかというと
     術後腫れたタマタマ部分を見て、
     なんだ、取ってないじゃないかと
     仰る方もいらっしゃるんでね笑い



    実はここで迷った私。
    持って帰って保管してもいいのだけど・・
    え。保管してどうするんだろうと考えたら・・・

    「け、結構です。」と答えていました。

    「じゃ、携帯で写真くらい撮りますか?」

    はてなどんだけ勧めるんだと思いながら
    バッグの中へ手を伸ばす私笑い汗

    あ・・・慌てて迎えに来たから忘れちゃった~困った
    ちょっと残念だったりする。。。


    という事で、私の下手っぴなイラストで
    何となくホルマリン漬けのタマタマをご理解頂けたでしょうか。


    今日のもるは、昨日に比べたら元気に走り回っていますが
    直ぐに傷口が気になって舐めてみたり
    誰かの側に寄り添ってみたりして過ごしています。

    でもね、ここまで成長したもるにパソコンの前に座られると
    結構邪魔だったりするんだよな~~笑顔汗

    でも、そんな甘えるもるの姿も愛おしいから全然許すっラブドキドキ小







    電球そうだそうだ。もるのしっぽが異常に長いという事が判明。
     胴体30センチ。しっぽも30センチ。これって長いのはてなびっくり
     もしかしたらデカ猫に育つ可能性のあるようなニュアンスでした汗

    「去勢手術」

    • 2010.11.06 Saturday
    • 11:21

    今日はもるの去勢手術。

    「午前中空けておきますので、お昼までにどうぞ。」
    と病院からは言われてましたが、
    昨夜から絶食していて可哀想なので9時には連れて行きました。
    夕方、病院から連絡があるまで待機中です。
    でも何だか、居ても立ってもいられません。
    思っていた以上に、もるの事が心配で。

    もるの居ない家の中。
    こんなにも寂しさで押し潰されそうになるなんて汗
    よりによって、主人は仕事、息子は遊びに。
    私ひとりぼっちじゃ~~んっ困った


    まず昨夜は、「人間の就寝までに、水とエサを片付けてください。」
    という言葉に従って11時過ぎには全て片付けた。
    最後の最後、11時に1粒づつカリカリを口まで運んで
    半分無理矢理はてな食べさせた。
    置き水には目もくれないので蛇口から水も飲ませた。

    12時頃、私の寝ているベッド横のタンスの上で就寝。
    夜中・・・どてっという音で目が覚める。
    ・・・・びっくり
    もるが落ちていた困った大丈夫かはてなびっくり

    もるはちょっとバツの悪そうな表情をしただけで
    今度は私の顔の横で就寝。か・・・可愛いラブ

    いつもの朝なら__。
    私が起きて少しすると、もるはお風呂場に行って洗面器の水を飲む。
    あれっ・・今日は洗面器がふせてある。
    ちょっとの時間、固まるもる。
    振り返って私に訴える目。
    ご、ごめん汗答えられない。
    逃げるように、その場を離れる私。

    毎朝コーヒーを淹れるためのお湯を沸かす。
    キッチンに立つと追いかけてきて蛇口に口をつけて催促猫3
    ご・・ごめんってば~悲しい

    いつしか時刻は8時ジャスト。
    いつもの朝ご飯タイム。
    もるは、ご飯置き場にやってきた。
    首をかしげる。
    振り返る。
    だから・・ごめんよ~~汗
    可哀想で思わず抱きしめるダッシュ

    おもちゃで何とか誤魔化したり
    抱っこして家中のお散歩してみたり・・・
    こんなに9時までの1時間が長いとは。

    もるはお腹がすいても鳴かない。
    よく喋る猫だけど、ご飯くれ~とは鳴かない。

    諦めたのか、窓辺で日向ぼっこを始めた。
    その間に急いで洗濯物を干して
    病院へ行く準備を終える。


    さあ時間だ。
    もる~いくよ~。


    はてなどこに猫3

    えっとね、もるが元気で長生き出来る様にお手伝いをしてくれる所だよ。



    猫3ふ~ん。ま、いいや。ここに入るのね。了解。




    病院の診察台の上でも、いつも通りのもるの様子に先生ビックリ。
    「君は大物だね~びっくり」はは。ありがとうございます。

    一応、先生を引っかいたりしない様、爪も切ったけど心配ない感じ。

    先生は、わしわし触りまくりながら
    「君は何でこんなに落ち着いてるんだはてな逃げる様子が全くないじゃないか。
     このまま病院内を探検しそうな勢いだね~。」
    とか喋りながら、私にビデオを見せる。

    手術の全様なのだけど、思っていた以上に生生しくグロテスク。
    出血を殆どしないのが有難かった。

    病院にもよるのだそうだが、こちらの病院では
    タマタマの真ん中を1センチだけ切って
    一個ずつ白~いタマの中身だけを引っ張り
    溶ける糸で結び、チョキンと切る。もう一個も同じ。

    「その他は縫いません。」 きっぱり。
    ・・・・はてなびっくり
    え、縫わない???????

    「たった1センチを縫って、糸が気になって舐めて傷口が開いちゃうしね。
     猫に舐めるなって言うほうが無理。カラーもストレス!」と言い切る先生。
    そう言われれば・・ね笑顔汗納得。

    普通はタマの中身と袋(表皮)の2箇所を縫うそうだが
    袋の傷は1センチなのでほっといた方が
    治りが早いし猫の負担が少ないと言い切る先生なので、信頼することに笑顔

    「術後、水分補給の為に皮下注射をします。
     コブになって移動したりして、腕まで落ちてきてビックリしますが
     全く問題ありません。食欲なくしたり、水も飲まない猫ちゃんも居ますからね。」

    先生はラクダみたいで面白いですとか何とか言ってた気がしますが
    笑ってあげる余裕が私にはなく、ごめんなさい笑顔汗


    あ・・・
    ブログ描いてる途中にも直接先生から
    「さっき終わりました~。何の問題もないので
    4時以降閉めるまでに迎えに来てくださいね~。」と。

    ありがとうございますっびっくりびっくり
    無事でよかった~~ラブダッシュ
    後は4時にお迎えに行くだけだ~~ドキドキ小ドキドキ大


    応援頂いた皆様、ありがとうございましたすいませんキラキラ



    PR

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30      
    << June 2019 >>

    あしあと

    バナー

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM